◆出稼ぎオーストラリアワーホリ 「タスマニアドリーム」と呼ばれるフルーツピッキング事情について

タスマニアのチェリーピッキングは結構稼げるというのは実際は本当ですが結構狭き門です
シーズンが始まると、チェリーピッキングを知っているバックパッカーたちは

「今か?」

「今か?」

「キターぁぁぁぁ!!」

と言わんばかりに応募をしまくります。特にタスマニアの鮭の工場でもアルバイトは、応募の数が多すぎて、履歴書も、メールもパンクをしてるのが毎年の状態で、友達のつてでしか働けないっていわれていました。

競争率は本当に毎年高いです。

そんなタスマニアで働くという方へ向けた情報です。

1 ハーベストブックを見て、チェリーやタスマニアの農産物の収穫が始まる一ヶ月前には現地のバックパッカーズにいること

まずはハーベストブックを手に入れたかどうかがポイント。基本的に短期勝負なので一ヶ月前の行 動+車があると結構勝算はあります。予算とワーホリが終わった時の車の処分という煩わしさはついてまわりますが。

ピッキング周期に合わせてオーストラリアをラウンドするバックパッカーは、基本一か月前行動が基本です。

作物の収穫が始まる一か月前には現地に行って、収穫が始まるのを待ちます。ピッキングの仕事を斡旋しているバックパッカーズホテルでは、仕事が回ってくるのはそのホテルについた順なので、多少は高いホテル代を払うことが必要になり、それにプラスして自分の食費がかかるのでここらへんも計算していきましょう。

季節が来たからといって収穫が始まるということはなく、早くなる時もあれば、天気の都合で収穫が遅れることもあったり、収穫が早く終わってしまって、そんなに仕事の日数がなく、お金も収支トントンということもあったります。(僕はDonnybrookではそうでした)

そしてタスマニア自体それほど大きい街でもないのでキャパは限られています。早い者勝ちです。

■まずはタスマニアの街からの説明

────────────────────────────────
burnie

2月から3月にかけてりんご
12月~2月にかけて チェリーがとれる
通年を通して野菜が取れる しかし7月以降はローシーズンという表記 ────────────────────────────────

────────

deloraine

12月から翌5月までベリーが取れる
通年を通して野菜が取れる。

────────────────────────────────

■devonport

3月から5月までがりんご
ベリーは12月から翌4月まで
チェリーは12月~翌1月
ストーンフルーツが12月から翌1月まで
野菜は通年取れる、1月から6月までがハイシーズンの表記

■huonville

りんごが3月~5月まで
チェリーは12月~翌2月まで、
ストーンフルーツ、12月~翌1月まで
野菜が取れるのは12月~翌5月まで
野菜は通年を通して取れる

■launceston

2月から5月までがりんご
グレープが3月から8月まで、この期間空きがある時期がある

■new norfolk

チェリーは12月~翌2月まで
グレープは3月から8月だが収穫の量はあんまり望めない

■richmond

グレープが3月から7月まで

ストーンフルーツが12月~翌4月まで

野菜は通年取れる表記で1月~6月までがハイシーズン

りんごが12月~翌4月まで

チェリーが12月~4月まで

■scottsdale

ホップが3.4月、と9月から11月にかけて
野菜は通年取れる

■smithton
野菜が通年取れるハイシーズンは1月から6月まで

■ulverstone

トマト 1月から3月まで
野菜が通年取れます

基本的にタスマニアの畑自体がオーストラリア本土と比べると小さいのでそれほどの収穫量が見込めるかは毎年天候次第です。

◆タスマニアでの仕事の取り方

仕事の斡旋をしているタスマニアの有名なバックパッカーズ

[Tasman backpackers] in Devonport

島北部、フェリーの到着口あたりにあるところ

[Little Devil Backpakers] in Huon valley

タスマニア南部、ホバートより南

[Huon valley backpackers] in Cygnet

sponsored link

ホテル有給インターンならこちら

ホテル有給インターン

タスマニア南部、ホバートより南に位置するバックパッカーズです。評判自体は悪いです。

上記の三つのバックパッカーズホテルが有名です。

まずはワークホステルの感覚で仕事が入ってくるまでバックパッカーずに入り浸るのは危険と言えます。オーナーはそのうち仕事が入るとか焦らすことしかしません。ダメと思ったらスパっと他のところに行きましょう。タスマニアの仕事量自体がないのでしかたないことです。

もしタスマニアからもう出ようとか思ったらダメもとで直接農場に出向いてみましょう。

実は朝に仕事が欲しい 人は先着順で仕事がもらえるというある意味知らないなら絶対に不利なこともありますしそこから何かが起こることもありますので。

■ transit backpackersの仕事を斡旋している人の話

transit backpackers というところに仕事を斡旋してくれる人がいる。その人を捕まえられるかがあ る意味勝負の分かれ目。11月くらいからバックパッカーが仕事を求めて押し寄せるから。

実は上記の人は旅人の間では有名な人です。どのようなクチコミで広まっていくのかはわかりませんが、おそらくここをおとづれたバックパッカー立ちに引き継がれていっているのでしょう。

タスマニアは時期を外さないことがまず重要です。

sandy bay という場所の仕事を斡旋してくれるエージェント

ここはアジア人系のエージェントで(日本ではない)工場やチェリーピッキングなどを幅広く紹介し ている。でも稼げるということを言ってくるけど仕事の紹介は少なめ。そのときと時期のタイミングによりけりです。

ちょっとこの人は要注意です。

200ドル払わないと仕事の紹介をしないというところがなんとも胡散臭い。仕事紹介でお金を払うのは日本人くらいなのであからさまに日本人狙いなきもします。

しかしながら、こういった黒いことも選択肢のうちの一つとして捉えるのも一つの戦略と僕は思います。

これをある意味の保険にしておいて、自力でもさがすと いうことをしたほうが精神的もいい。もし自力で仕事が見つかればそれでいいし、その逆になったとしたらしめたものと思う方がいいって僕は思います。

AIPという名前でsandy bayのwoolworth の近くあります。もし時期と手段として割り切れるという人は訪ねてみてもいいでしょう。

■タスマニアのチェリーピッキングの会社紹介

そしてタスマニアのチェリーを出荷している企業のHPを紹介します。ここで紹介する企業のHPをし つこく見ていることが重要です。

僕は気づくのが遅く、FBでつながっていた友達に状況を聞いて断念しました。

個人的には仕事よりは100%観光で行きたい場所です。

◆企業のHP◆
http://costagroup.com.au/Berries

上記はピッキングカンパニーのHPです。タスマニアでマッシュルームの栽培もしているので問い合 わせてみてもいいと思います。ただ早いものがちです。

REID フルーツ タスマニアのノーフォークの企業の応募フォーム

https://www.reidfruits.com/
上記のHPは本当に早いものがちだから常にみはっていないとだめかもしれません。ここで働けれ ば本当にタスマニアドリームかも?日本人、黒人などたくさんの人達がいます。

http://hansenorchards.com.au/fruit-picking/

ここのホバートで有名なチェリーピッキングの会社ですが、時期にならないと応募フォームが出て きません。しかも競争率が高く、数時間で締切ってしまい、そのフォームも消えてしまいます

タスマニアのヴィンヤード http://www.brownbrothers.com.au/about-us/our-brands/

ここは要コネかもしれません。むしろ直接いってしまったほうがいいでしょう。

http://www.tassal.com.au/working-at-tassal/

tassal タスマニアの有名なサーモンの工場。個人的には一攫千金のピッキングよりもこういった安 定した収入があるところのほうがいい気がする。

体力が落ちることに比例して完全歩合のピッキングは収入が落ちるから。
しかし履歴書は山のように届いており、クチコミでしかしごとは取れる可能性は低い、限りなく低い。

sponsored link

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA