◆オーストラリアワーホリで仕事を変える時に覚えておくこと

ワーホリで一箇所の仕事場で働き終わったら給料明細をもらっておく

オーストラリアのワーホリビザでは一箇所の同じところで働ける最大の期間は6ヶ月です。そしてその期間が終わったら次の場所に行かないといけません。

そしてその都度、日本で言う源泉徴収表に当たるものや、給料明細を雇用主からもらっておきましょう。

これがないと確定申告ができませんし、実は年金ももらっています。

オーストラリアでも「スーパーアニュエーション(super annuation)」という独特の言葉で表されます。

sponsored link

ホテル有給インターンならこちら

ホテル有給インターン

正規の雇用であればこれはちゃんともらっているものなので、帰国後のあにゅえーションの申請や、アニュエーションを雇用主がどこのファンドにあなたのアニュエーションをあずけているのかもわかりやすくなります

※アニュエーションをあずけておくところ。銀行で口座を作ってあればいいですが、もし作っていない場合で、複数の違う職場で働き、それぞれの職場が違うファンドにアニュエーションをあずけていた場合はそれぞれの住所やABNナンバーが必要です。

当時に僕がもらった給料明細を上げておきます。

働く場所によって違うものですが、基本的な言葉や控除は変わらないものなので、頭の片隅に置いておく程度で見てみてください。

以下、解説と写真

sponsored link

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA