資金を作るには?と節約

ようやく一ヶ月を切り、そわそわしています。英語勉強ははかっどっていると自負しております。


さて今日は住民票の手続きをしてきました。区分は転出届けになり、その後保険課にまわり、年金課に行きました。手続きはほんとに10っぷん足らずで終わる。


 つまんなーい。ただ僕の場合年金は猶予申請をしており、払う必要なし!(ホントは所得が多くなってきたら解除されるらしいけど?それか僕の父さんが退職したら自動的に払ってください的通知が来る)ショック!


 後は税務署で確定申告をし、所得証明賞証を出してもらい、稼いでないぜ!!的なことをわからせれば猶予がつきっぱなしだそうな。


 後基本的にこちらから払えますよーということを言わない限りは自動的に延長されるらしい。体が動かなくなったらどうするんですか?という保険年金課のひとのキラートークには「保険が無い国はいっぱいありますし、自分の体には自分で責任を持てば良いでしょう?」というとみんな黙る。チョキ

 それと海外に行くので年金にはもちろん解約になります。驚いたことに海外でも任意で年金に入れるんだって!!ソッコウで断ったけど・・・


 さて、売るものもなくなってきたな・・・後は携帯の解約だけどその解約料の1,2万がひびーーーーくカゼ超痛いの・・・現地に持っていけるのが10万円きっちゃうううう・・・メラメラ

 

 明日にはタイムリーな治験の検診に行く予定。短期で高収入は治験に限る。僕は。南下に本の求人広告はどこも違反広告じゃねえ?( ̄へ  ̄ 凸とか思う。

 某運輸会社にバイトの面接しに行ったら「9月までしか働けないですが良いですか?」都会ってて、いざ面接行ったら・・・10月末までいてほしいんだよね~とか言われる。

sponsored link

ホテル有給インターンならこちら

ホテル有給インターン

 そのほか派遣の短期のバイトを登録するために行って「この仕事に応募したいです」といって何日も放置

 その後「この仕事に応募したんですけど選考結果はまだですか?」と聞くと「大変応募が殺到しておりまして・・・」と、しどろもどろ。「他に紹介できるものがありましたらまたご連絡差し上げます」といわれ、「この求人は生きてるんですか?」と聞くと「大変応募が多くて・・・」とまた以下同文(b^-゜)
はまちのブログ


 要するに人集めの求人ね。そんな世間さえ知らなかった自分が恥ずかしかった。

派遣コーディネーターにはなんか強いと自負できます。

北海道にいた頃、派遣で日雇いのその日暮をやっていたときがありまして、案内された仕事が養鶏場の仕事。しかも鳥インフルエンザが蔓延しているときに。

 そんなのそこの社員がやれよ、って思ったし、北海道の日給にしては7250円と高めの仕事だから足元見られたのかな?コーディネーターは「日給高めのお仕事なのでかなりいいと思いますよー?」とかいわれ、2回ほど断ってもしつこく誘ってくる。

 それは日雇いのコーディネーターの弱いところで突発的に入ってくる依頼に対して人数集められないとクレームになるし、帰れないんだって!!

断り文句は「じゃあお前行けば?」といってガチャ切り。そんな仕事でしかも雇用保険に入ったらその日給から200円引かれ、しかも交通費が込みなんだよ?

 ワーホリから帰ったら絶対派遣で働かない。日雇いに成り下がるのは自分が履歴書に強いものをかけないからいけないの。

だから絶対強みを身につけて帰ってくる。独立とかできたらなおいい。またせどりはじめるか・・・

 

 短期で働くのをあきらめ、全てを英語の勉強に費やしていくことに決定。つか今月からこんな調子。

 あといままでしてなかった確定申告を2年分まとめてやって3万くらい戻ってきた!!でけー・・・

後は折れない自分を作り上げるのみ!!!


切符は片道だから・・・

 

sponsored link

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA