ワーホリことはじめ②~タックスファイルナンバーを申請したら一緒に給料を受け取る銀行口座も作っておこう!

◆開設すべきオーストラリアの現地銀行の3つの口座

いよいよオーストラリアにつき、TFNの申請を済ませて、ある人はホストファミリーの家について一段落していたり、ある人は一人で探したYHAやバックパッカーズホテルについてこれからの一年ないし、二年間の計画を練っているところかもしれません。ある人は語学学校が始まるまでの間でそわそわしているかもしれません。

そしてワーキングホリデービザがあるだけでは働けません。

まずは何はともあれ銀行口座を作りましょう。

基本給料は全て銀行振込みで週払いが基本のオーストラリアです。

タックスファイルナンバーという仕事をする時に雇用 主に提出するのが必要なものも申請しましょう。この二つは同時にやっておくこと。

それでは以外と知られていないオーストラリアの銀行の口座を解説します。

◆まずはオーストラリアの銀行口座の種類を知る

銀行口座を作るときはパスポートを持っていきましょう。僕が渡航していた当時使っていた銀行は 「westpac」銀行です。ほかに「ANZ銀行」「NAB」(ナショナルオーストラリアバンク)「オーストラリア コモンウェルス」銀行が有名です。そのかSTジョージ銀行などたくさんあります。

そしていくら銀行がたくさんあれどそれほどサービスというのは変わりません。そして預金額に対し てかなりの利息が違う口座存在するのも事実です。

これらをうまく使って渡航中の資金を増やしながらワーホリをして頂ければもっと快適になると思い ますし、エージェントに任せただけでは作ってもらえない口座ですのでぜひご自身で作っていた だきたいと思います。
解説のベースは僕が渡航当時使っていたウェストパックバンクを主体で解説します。

CHECKアカウント

これは普段の買い物で使う口座です。いつでも引き落としは可能であり、ウールワースとかのレジ で現金を引き出すときに引き落とされる口座。

利子は無し。

維持管理費は基本5ドルかかります。しかし一ヶ月のうちに1500ドルの入出金があれば無料になります。 (ウェストパックの場合)仕事が数ヶ月決まらないときはお金を引き出して引き出したお金を銀行の 窓口からまた入金しなおすということをしていました。

そして日本のエージェントを通じてきた人は、現地のエージェントの人と合流して、銀行口座を一緒に作りに言ってるかもしれません。ただ、全てんおエージェントの人たちはわかりませんが、基本的にこのCHECK口座だけを作ってワーホリを始める人が多いと思います。なので、この時にまとめて「SAVEアカウント」(利子付きの口座)も作っておいて損はないです。

SAVEアカウント

このアカウントを使うと結構滞在するのに節約をかなり出来る部分が多くあり、僕も渡航当時はかなりお世話になりました。預金額によってはボックスのビールがこのアカウントの利子だけで飲めます。実際に僕はそれで食費などを浮かせていました。

saveというのは利子がついてくる定期口座です。実はオーストラリアのこの利子率は僕が在豪して いた当時は4.8%と高く、1000ドル貯金したら1年で48ドルの利子です。この時に日本人の方は わかりにくいと思うんです。

定期口座と書いていますが、日本のようにお金を拘束されるわけではないんです。

例えば日本の「ゆうちょ銀行」で利息がつく「定期預金」にお金を入れた場合、5年くらいはお金がを動かせないようになります。しかも満期を迎えることなく解約してしまうと、利子がもらえないと いうことになってしまいます。

しかし、オーストラリアの銀行のSAVEアカウントは「引き出し可能な定期預金口座」というふうに理 解してください。そういう性質があるものです。

その代わり、SAVEアカウントから現金を引き出したその月は利子の受取を放棄したとみなされて 利子がもらえません。
日本では考えられないことですね。

そして各銀行ごとに利子率が違うものになっていますので下記サイトで確認してください。

レート確認はこちら

上記のURLで各銀行ごとの利息が比較できます。

◆貯金の額によってはものすごく節約が出来るレベルの利子がつく

僕はケアンズのホテルで働く前にSAVEアカウントだけ作っておいて、だいたい8000ドルくらいをSAVEに 入れておいていました。2013年1月の後半です。

ちょうど一時帰国からシドニーに帰った時と思います。ほったらかしにしておいたらなんと150ドル くらい増えているんです。毎月の利子がもらえていて、それが溜まっていたんですね。

1000ドルで4.8%の利子=48ドルが一年でもらえる計算です。そしてこれを12で割ると4です。(2013年当時)

sponsored link

ホテル有給インターンならこちら

ホテル有給インターン

オーストラリアは利子が毎月もらえるので、毎月4ドル増えるという計算です。しかも残高を上げれ ば上げるほど増えますから。僕は最後の方は10000以上をこのSAVEアカウントに給料が振込まれるごとに積立していたの月 の利子率が半端ではなく、40ドルが毎月入っていましたからね。

(2017年11月現在は少しレートが下がっているのでちょっと少ない利子になりますが、生活費の足しにはなります。)

ほぼ利子のみで生活費でも飛行機代が安くなり、本当に使い方が重要です。なので一年いれば 残高によりますが飛行機代くらいはうきますし、ビジネスクラスで帰国することも可能です。 ケアンズ-成田間ならそんなに高くないです。

しかし、利子をもらうためには少しルールがあります。

そして銀行ごとに利子が受け取れるルールが違いがあり、ウェストパックの場合は、一ヶ月のうちに このセーブアカウントから引き出しをしないことが条件で、これを満たせば受け取れる。要はSAVEアカウントから現金を引き出してしまうとその月は利子がもらえないということです。この ルールはオーストラリアすべての銀行が共通です。

・BT super・(アニュエーション)

オーストラリアの年金の受け取りの口座です。実際にはファンドです。僕が使ったのはあくまでの ウェストパックなので、こういう表記です。この表記の仕方は各銀行によって違いがあリますが窓口 で

「I want to make the account that is able to get my annuation 」

などといえば案内をしてくれます。

そしてこの口座は働き出さないと実は作れないので注意しましょう。働き先が決まってこの口座が ないあいだは雇用先がちゃんと働く人のためにこの年金を預ける「ファンド」というところに一時的 に預けているんです。

その後、仕事が決まって一箇所目の職場をあとにしたら、この口座を作りましょう。その際にそれま で働いていた場所の「ファンド」の住所、ABNを確認しておきます。電話番号があれば銀行印に 代わりに話をしてもらってそこに預けておいた年金(アニュエーション)を自分の口座に集めてもら いましょう。

渡航して最初の職場が決まった時にこのことが分かっているのとそうでないのででは帰国後のア ニュエーション申請手続きの難易度が違ってくるから渡航した時点で帰国の時までを意識してお きたいです。不安があるということであれば、「ANZ」を使ってみてはいかがでしょう?通訳の日本人が現地にいますし、

ニュージーランドと日本にも支店があるのでお 金の移動が楽です。ちゃんとオーストラリアの銀行の仕組みもわかります。

ただし、ちょっとこのANZ銀行はシビアなところが有り、お金の動きが一定の 間ないと自動的に没収されてしまうのが早いので気をつけましょう。(およそ三ヶ月という短いスパンですので、もしつかならお金を出して入れるということをこまめにしていたほうがいいです。)

◆銀行口座を作るときの会話 例
────────────────────────────────────────

あなた
Can I open the bank account? I want to make the saving accountand the check account , please?

チェックアカウントとセイブアカウントを開設してもらえますか?

銀行員

Please show me your ID (passport), please? Which kind of visa do you have?
あなたのパスポーを見せてください。それとあなたのビザの種類はなんですか?

あなた

I have a Working holiday visa.

ワーキングホリデービザです。

銀行員
Could you tell me your home address and contact number, please?

あなたの住所と連絡先電話番号を教えて下さい。(この時はホームステイしているならホストファミ リーの家の住所、バックパッカーズホテルならそのホテルの住所と部屋の番号を入れます)

あなた
This is my detail.

これが私の詳細です。

(※予め登録住所と電話番号を控えた英語でのメモをご用意されると良いです。英語になれないう ちは筆談こそ一番確実なコミュニケーションスキルです)

銀行員
Which account type do you want? どの口座タイプをご希望ですか?

あなた
the saving accountand the check account チェックアカウントとセイブアカウントをお願いします。
(場所によってはそのまま作られてしまうので注意してください。何かしらの利子のレートを書いた 表を見せてくれるはずです)

銀行員 How much money do you want to deposit? いくらお預けになりますか?

あなた I want to deposit AU$50 each account.
50ドルづつお願いします。

────────────────────────────────────────

チェックとセイブアカウントを作る場合は両方の口座にお金が入っていないと行けません。銀行に よってはSAVEアカウントは銀行毎に最低入金額が決まっています。

上記はあくまでwestpac 銀行なのでSAVEアカウントは最低入金額はないものとして書いていま す。

基本的に口座を作るということは簡単です。極論言えばyes / no の会話でも作れてしまうほどで す。難しく考えないで行きましょう。これらの口座を作り、暗証番号のPINナンバーを設定して、およそ1週間、もしくは2週間くらいでキャッシュカードが手元に届くので、それを受け取り、無事、TFNも受け取ったらひとまず準備は整いました。

行きたいところへ行き働くもよし、最初についた場所で働くも良しです!

この銀行の口座を開くと、この案内のファイルに、[tax declaration]という複写が出来るものが入っています。これは雇用主があなたの税金の区分を書いて税務署に提出するものですので一応盛っておきましょう。中にこれをもっていない雇用主もいますので銀行から貰った分はなるべく無くさないように保管して置いてくださいね

まだまだワーホリことはじめは続きますよ!

sponsored link

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA