【ギャラリー】アリススプリングスの町並み!オーストラリアを感じたいなら僕はアリススプリングスを押す!!

KINGS CREEK STATION でワーホリしていた時に、一人のOZのお客さんが言った一言

「ゴールドコーストとかの街はオーストラリアじゃない。本当のOZの開墾における魂をみれるのはセントラルオーストラリアだ!」

なんていう会話をしたことがある。

オーストラリアはいみん文化で、住む地域は人種によって分かれている。

西洋人は海辺好き。内陸はアジアンが好む。だからアジア人料理店とかは海辺にすくないっていう偏見がある。実際にざっと見だけど、歩いてみて僕はそんな印象を受けた。

アリススプリングスは本当に何もないところで、そこにバックパッカーズホテルや水道があるということは本当にすごいこと。特にエアーズロックリゾートはKCSの拡張版で、発電機、浄化装置、など生活に必要なものをもろもろ海辺から運んできてそれを組み立てて成り立っている。本当にここらへんの根性がすごいと思う。

特に1000キロ以上を舗装した、ダーウィンからメルボルンへ抜ける道路の工事はすごいと思う。それに夏場のアリススプリングスは気温が40度以上になり、アスファルトもダメージが貯まるし、車も走ればタイヤが減るではなく、溶ける。

そんな場所を本当によく開拓したなって思います。

そんな思い出をたどるためにちょっとギャラリーをアップします。アリススプリングスのギャラリーは僕も少し楽しいですね。一番長く過ごした思い出と感慨の深い場所なんで。過去に浸りながら回想ができるっていうブログのいいところです。

つらつら一言二言書きながらアップしていきます

■アリススプリングスフォトギャラリー

アリススプリングスの街はアボリジニ色が強く、オーストラリアのどこの街よりも独自の色を出していて面白いと思います。今追えばディジュリドゥを買ってこなかったことが何よりも後悔しています。あとはキングスクリークステーションでヤーディーの帽子も買ってきたかったなーなんて

sponsored link

ホテル有給インターンならこちら

ホテル有給インターン

ちょっと写真が少なかった・・・

アリススプリングスのまちはこの当時工事中でした。

何ができるのか、今はどうなったのかな?

アリススプリングスとか荒野って自由なんだけど荒くれものが多い印象。でも荒くれ者って言っても直ぐに短気を起こすような人じゃなくて、口ぶりは悪く、気性が荒いけど人情のようなものを直感で悟ってくれるような人っていう勝手な理想を僕が持っています。

事実としてパースの町で金曜日に白人のバックパッカーを襲ってその日を凌ぐ人もいますし、フェイスブックでアボリジニに襲われて病院に行ったていう投稿も目にしました。実際に一緒に泊まってたドイツ人の人はパスポートごと荷物を盗まれてしまったって嘆いていました。

でもキングスクリークステーションのことで触れたように、アボリジニ育てられたOZもいて、その人は白人で、アボリジニの人たちからしたわれているという人もいるんです。黒人開放の人が白人であるように。

こう言うことをしれたことがワーホリで得た財産です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

sponsored link

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA