◆オーストラリアで仕事をする時に必要なもの!履歴書とカバーレターをだそう!!

◆履歴書とカバーレター◆

基本的に履歴書はA4で最低でも2枚以内に抑えるのが得策。そして日本と違って応募先の企業にはその企業の職種や応募する担当部署の仕事内容に関係する仕事の職歴だけを書けばいいのでそうは長くならないはずですよ。

■自分の職歴を主に書くのが履歴書で応募動機を詳しく書くのがカバーレター

基本的に自分の職歴を書き表すのが履歴書で、日本の応募動機に当たるモノを長く書くものがカバーレターなので、応募動機をしっかりアピールしたいという人はカバーレターを書いて応募をし
ましょう。

いっかいいあきてしまえばそれほど何回も書き換える必要がありません。

そしてオーストラリアでは履歴書に顔写真を入れることは基本的に義務付けられていません。人種差別に当たるからです。かと言って使ってはいけないというわけではないので、顔写真をプリントす
クリーを使って入れれる人は入れてみてもいいでしょう。印象はいいですから。

もし自分で作れるというくらいの英語力をお持ちの方であれば下記のサイトな度で作る事が可能です。

◆英文履歴書ドットコム

このようなサイトを使えば簡単に作れます。

オーストラリアの履歴書は結構アバウトで、日本のようにすべての職歴を書かなければいけないわけではなく、応募先の職場に対して必要な履歴だけを書くようにすればいいとワークNホリデーの職員さんは教えてくれました。

むしろこのようなサイトを使わずしても、ワードの文章で作成することも可能ですので作りやすい法を選んでもらえればと思います。あとは滞在中に職歴が追加されればその都度たしていけばいい
だけです。

■カバーレター

カバーレターに関しては完全に自分の姿勢と勤勉性とやる気をアピールすることなので多少の文章力がいります。

少しずるをして「グーグル翻訳」で作ってみてもいいですが少しぎこちない文章になってしまうので印象は悪いものになります。まずはカバーレターは英語になれてからでいいですし、カバーレター
自体が必要ないです。

オフィスワークなどをする場合には必要ですが、市街地の店に履歴書を配って歩くことをするならいりません。

◆作っておきたい履歴書の項目◆

大体このようなサイトを使うのも一つですが、作っておきたい項目として

────────────────────────────────────────
CAREER OBJECTIVE
I am currently seeking casual, part time or full time employment within a progressive
organisation where I can put my skills and experience to profitable use while developing both
professionally and personally. I am able to start working immediately and I am available Monday
to Sunday day and night. My working holiday visa allows me to work up to 6 months for the same
employer.

私は正規のパート、フルタイムでの雇用を探しています。私の経験を最大限活かせる職場を探しています、それとともに経験やこれまで培ってきた技術も働いている間に発達させていきます。

私は月曜から日曜日、昼夜関係なく働けます。私のビザはワーキングホリデービザで6ヶ月は同一雇用主のしたで働けます。
────────────────────────────────────────

上記のような感じで書いてもらえれば印象はいいです。むしろここはコピペで丸写しでもいいと思
います。でもすごく怖いのがday and night ・・・これは結構やりすぎではないだろうか?っと思いま
したが仕事を探す側はえらべないのが仕方ないです。

SKILL SUMMARY・・・これは資格とかではなく、人間性をアピールする

ここには資格などの専門的なことを書くわけではなくて真面目さや性格をアピールする。少し日本とは違うところです。

書く例としては

Responsible and well organised ・・責任感があり、仕事の順序の組立ができる

※これって実は重要で、日本人のある意味の特殊能力であり、強みです。一日の仕事のタスクがあり、一日以内に終わらせないといけない仕事量に対して、突発的に入ってくる重要度の高い仕事をこなしつつその日の帳尻を合わせるのに必要な、「仕事に対する優先順位をそのつど変えながら一日の仕事を終わらせる」というマルチタスク的な働き方がどうやらオージーとか外国の人たちは出来ません。

sponsored link

ホテル有給インターンならこちら

ホテル有給インターン

ケアンズのシェアハウスで日本食のコックをして永住をして居る人に話を聞きましたが、キッチンとか忙しい、そのつどやることが変わるようなところでは日本人カアジア人がいないと回らないって言う事を教えてくれました。

こういった素養のようなものが日本人の強みなので、ぜひぜひアピールしてくださいね!


Able to work autonomously or in a team environment・・チームの環境で自律的に仕事ができる

Friendly but professional・・外交的であるがプロという面もある

Flexible and adaptable・・ 柔軟に場面に対応できる

Honest, punctual and reliable ・・信頼でき時間を厳守でき、誠実である

Excellent presentation・・会話能力も申し分ない

Hard working and fast learning・・仕事の覚えも早く一生懸命働きます

Enthusiastic and positive minded・・情熱的で前向きです

Patient and polite・・礼儀正しく、我慢強いです。

Exceptional customer service skills・・親切なお客様への対応ができます。

Able to work long hours・・長いあいだ働くことができます

Physically fit and strong・・体力があります


上記のようなこと

特にポイントが高いのが「責任感と仕事の優先順位の順番の入れ替えができる」ということ。

繰り返しになりますが、実は日本人が世界の人種のなかで一番すぐれているものは「優先順位を決めて仕事を終わらせ
ることができる」というところなんです。

実際にFITZROY島で皿洗いをやった時は17歳のオージーと働きましたが、目の前の仕事だけを終わらせることしか考えられないから一日で終われる仕事の量が少ないんです。一人分の時給
で二人分働いていましたから・・・

スキルサマリーでこういうことをしっかりアピールしましょう

その他アピールすべきもの


EMPLOYMENT HISTORY・・・職歴

実はボランティアも書いていいものなので職歴だけでなくボランティア歴もあるならしっかり書きましょう。評価の材料が多いことはプラスですから。

■顔写真について

オーストラリアは差別を避けるために顔写真を義務にしていません。しかしあったほうが有利なことは有利です。

日本人というだけで有利ですので強気で仕事探しをしましょう。

もし自分で作れないという人は「work n holiday 」という場所を使えば下記のように作ってくれます。

入会金が195 ドルで6ヶ月の間メンバーシップがついてきます。

2017年現在ではパース支店が閉鎖しています。オーストラリアで残っている支店はSydney, Melbourne, Brisbane and Cairnsの4つの支店になります。今ではホームページもリニューアルしていますね!

ここを通すと89%のひとが仕事決まります。かくいう僕も、もともとは「Kings Creek Station」という場所で働きたくてオーストラリアにきました。しかしながら、ここに日本人を派遣しているエージェントに頼ってはいけr気がしなかったので、この求人をこのwork n holidayにさがしてもらいました。

3日後に求人があっけなく見つかり、一週間応募をし続けるという行動の果てに目的を達成することができました。自分の目的とする場所を探してもらうのにお金を払うというのはばかばかしいですが、この場所は法律のこともわかるので、もし悪徳なオーナーに出会ってしまったら、ここのメンバーシップになっておけば相談できま寿司、日本のエージェントの会員とか高いお金を払うよりもコストパフォーマンスははるかにいいのでここをおすすめします。なんでも相談できるし、ほぼ解決します。

(今はPerthの支店がなくなってしまいました。イタリア人系の移民のアンナがイタリア帰っちゃったんで・・・)

ぜひこの場所で履歴書とかも作っておくと便利です

sponsored link

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA