■英語が苦手ワーホリメーカーでも働けるオーストラリアの珍しい農園 Fruits salada tree!

さて今回は僕がオーストラリアワーホリ中に応募したけど採用されることがなかっためちゃめちゃ珍しい場所

「fruits salada tree 」

についての書きます。ここは植物の常識を覆したという夫婦が営む貴重な木がある場所です。一本の木から複数の種類のフルーツができるという木を作ったという夫婦がいるというところです。正直ありえないものを作ってしまったど根性な老夫婦の農園です

furu-tsaradatri-

ここは一本の木から六つの作物が取れるという植物学を覆すものがあります。このきなんの木?

本当にふしぎな木

何ですよ。ここは時給制ではなく週給せいです。フリーアコモで朝の英語のレッスンをファーマーの方がしてくれて本当にいい場所です。ここも競争が激しく一部の斡旋のエージェントのみが仲介しています。自己応募で通るかどうかはわかりませんが少なくとも僕は断られるということがあったのでタイミングさえ合えば使用されるのえはないだろか?って思います。

なのでその詳細です

◆ここは英語ができない人が行くべきところ

furu-tsaradatri-

sponsored link

ホテル有給インターンならこちら

ホテル有給インターン

What is a Fruit Salad Tree?

A Fruit Salad Tree is a tree that grows up to 6 DIFFERENT TYPES OF FRUIT all on the ONE TREE. They are multi-grafted trees with different fruits from the same “family” grafted together and all the fruits retain their own characteristics e.g. flavour, appearance and ripening times.

Click on any of the  4 Tree types below for more information.

文章見ると6つの違う作物が育つ一本の木と書いてます。本当にリアルがあります。ちなみにここをユーチューブで検索するとこんな動画があります(結局わからないけどね)


こんなところでも日本人オンリーで働いています。やはり勤勉な日本人を好んで雇っているわけです。

もともとここは夫婦が30年以上かけて品種改良をむちゃくちゃやって駅たというミラクルな品種なんだって!

植物学上はどんななんだろうね。そんな不思議な木を作るところで働くというのも面白い経験と思います。ぜひ余裕があるという人は行ってみてもいいと思いますし、必ず採用されると言うわけではないです。

しかし、ここは英語が苦手な人に取っては結構貴重な場所です。ビギナー歓迎のところでもあるので是非一度は応募してみてくださいね

sponsored link

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA