オーストラリアワーホリアル!仕事の探し方と生活の知恵

webの職業訓練の卒業課題でメインブログのワーホリ編をスピンオフさせました!TOEIC320点でオーストラリアワーキングホリデーに渡航した僕の英語ができないやつでも英語ネイティブの職場で働く方法と仕事紹介、ホテルインターンを使った体験とか書いています

■オーストラリアのホームステイについて

 

一応かけることを書いておこうと決めてこのサイトを作っています。

 

ホームステイも手配してもらいましたが、実は自分で探すことも可能です。

実はホームステイは自力で探すことが可能です

 

ホームステイweb

 

これは英語サイトですが「エージェント」という項目あるので実際に日本の留学エージェントから委託されたところもつかっています

 

 

日本語でももちろん探せますよ!上記のサイトは日本語で書いてありますし、レビューもそこそこあります。

 

ただ、現地のエージェントもこれまでの経験則があり、いいホストファミリーとダメなホストファミリーの実際の例をリアルタイムで見てきています。もちろんトラブルを起こしたり、副業的にお金をもらうためだけに渡航者を引き受けるということをしているホストファミリーもいます。

sponsored link

ホテル有給インターンならこちら

ホテル有給インターン

 

僕が使った現地のエージェントの人もこれは経験していて、そういうホストファミリーは切ったって言っていました(笑)

 

そのせいで信用が落ちて日本からの以来が来なくなるのも嫌だということ言っていましたので、自力でやるもいいですが、現地のよく知る人に任せるのがベターかもしれませんね。ある程度の仕組みとかコツが分かってきたら自分でやってみるほうがいいかもしれません。

 

おそらく大半はここまで分かったらカウチサーフィンとか自分で現地に行ってそのままバックパッカーズホテルやWWOOFの制度がある国ならそれを使えるくらいの知識が付いていますので、何を選ぶかは自分次第、選択肢を多く集めて自分音ベストを選ぶということをしていきたいですね。

 

こういうことを行く前からしっておきたかったんですがそれは叶いませんね(;´д`)

 

後悔先に立たないという言葉のとおりですが、せっかくの一生に一度のワーホリビザなのでこういったことを気にせずに、振り返らずに行ってきましょう!

 

最初はやはり授業料を払うのは仕方ないですから・・・

オーストラリアに行く前に英語の勉強はしておいたほうがいいです、特に英語の基礎は持っていきましょう!

 

sponsored link

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA