オーストラリアワーホリアル!仕事の探し方と生活の知恵

webの職業訓練の卒業課題でメインブログのワーホリ編をスピンオフさせました!TOEIC320点でオーストラリアワーキングホリデーに渡航した僕の英語ができないやつでも英語ネイティブの職場で働く方法と仕事紹介、ホテルインターンを使った体験とか書いています

■オーストラリアについたら先ずはワーホリを始める準備 インターネットの環境を整えよう

putasu

 

オーストラリアは日本に比べるとペーパーレスが進んでいます。そして履歴書や何らかのやりとりはメールや、そのメールに送付するということになっています。

 

特に履歴書のの応募等はインターネットでやり取りします。

 

そしてワーホリで渡航してからの一番最初にするべきこととして、

通信手段の確保

 

について書きます。要するに「インターネットの環境」を作るということにかんしてですね

 

・銀行口座開設

・tax file number 取得

 

をしますが、その申請は銀行の口座開設が1週間、TFN(仕事をするのに必要なタックスファイルナンバー)が2週間かかります

 

その間に通信環境も整えておきましょう!

 

 

特にワーホリを続けるとなれば必要なんですね!

 

第一歩として

 

ブロードバンドを購入すること

 

パソコンからインターネットにアクセスするのであれば必要なものになります。

 

 

 

 

 

 

◆ブロードバンドって?

 

僕がおすすめのオーストラリアの通信会社の「optus」のHPを載せてきます。ここから現地の携帯やインターネットのプランを見て復習しておきましょう!(多分渡航前の人でわかるという人は帰国子女かハーフの人だと思いますよ)

 

 

上記の写真がオーストラリアでパソコンからインタネットに接続するときによく使っていたものです。これを使う以前は安くて通信速度が遅いものん

オプタスのHP

 

 

オーストラリアは(海外)は結構払いきりのプリペイドの通信手段が多く、留学エージェントのが貸出しているキャリア(携帯電話)を使うよりも安く使えます。基本的にエージェントはブラックベリーという機種を勧めてきますがはっきりって高いし、そのエージェントと同じメンバー同士の通話は無料というように言われているのですが、はっきり言ってそのメンバーなんて他にんだし、そのエージェント自体がそのメンバーの電話番号を知りません・・・

 

 

つながりようがないですね(-_-;)

 

 

別に他人と無料で話せたとして、かつその人への連絡先の番号がわからないとして、使う価値があるのでしょうか?

 

これはあなたに委ねます 笑

 

だからこそ、オーストラリアに観光やワーホリで言った場合はエージェントや代理店の言いなりで勧められたものを使うではなく、現地のプランをちゃんと調べて見つけたプランを使って欲しいですね。

 

だって得だから

 

話は変わり、本題に行きますが、オーストラリアにおいては通信環境が非常に重要で、フリーSIMのI PHONE を持っていけばいいというようなこともちらほらブログで見かけますとし滞在しかしないという人ならそれでいいと思います。図書館とかに行けばフリーワイファイが有り、その街のメインストリートに行ったり、マクドナルド、ハングリージャックなどのファーストフード店に行けばフリーワイファイやシティワイファイが飛んでいます。

 

しかしながら、この環境は

sponsored link

ホテル有給インターンならこちら

ホテル有給インターン

 

とんでもなくツナガリが遅いです

 

しかもワーホリや観光に生きた人達は必ず地方に行くと思います。この時にブロードバンドを持っていかないとものすごい後悔をする羽目になるんですね。なぜならフリーワイフィアは都市部にしかないから。もちろんYHAにはあります。地方でも。しかし、時間ごとに有料なケースがほとんどです。しかもおっそい・・・ぼったくりと思うほどの(いや、そうだろうね。)スピードの遅さと通信料のなさ・・・でした。

 

 

アリススプリングスのYHAに泊まった時には全くワイファイが通じず(ここはOPTUS,VODAPHONE,TELSTRAの3社が圏外!!)せっかく内定が決まったkings creek statinへの連絡手段が途絶えてしまい、無事に付けるかどうかが不安で仕方がなかったです。(キムもね。。。)

 

 

◆滞在費と仕事を探すための手段インターネット!これに投資はしたほうがあとあと安い!!

oputas

 

年間の通信費要は日本にいる時よりも安く済む!これが魅力!なオーストラリアのネット事情。しかし、日本のように月学のプランは仕事を持っていないと実は契約できないという味噌がある。しかもこの仕事場所の住所はウーフではダメということも僕は体験済み。(ウーフって行ってしまったからか笑)
僕の体験談から言えるのは

 

 

 

 

・プリペイドの携帯電話は30ドルで90分話せるプランで十分ということ(VODAFONE使用の場合)

vodafone

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真はサムソンの安い機種。渡航当時の折りたたみ式のモノが見つけられず、モデルでも変わったのかな?ということをかんじましたが、「いや、あるよ!」という方!ご一報お待ちしていますよ!!

 

 

 

↓だいたい料金はこんな感じです⇒vodafon のHPはこちらから

plan

 

 

 

最近の人たちはkeep in touch! といっても電話ではなくフェイスブックでみんな話したり情報交換をしているので携帯は仕事の面接の連絡を受ける程度のものなのではっきりいって60ドルはかからない。

 

一年間は実は30ドル+150ドルの10Gのブロードバンドのプランで過ごした僕です。

 

 

とこう一年目はVodaphone にお世話になっていました。しかし、安いのがいいですけどやはりコネクトの悪さ、特に介護のバイトの電話で内定だったはずの電話で雑音が多すぎて聞き取れなかったということでその電話をなんと

 

2回も会話をしながら全く何を言っているのかが分からずということで落としている

 

ということを考慮して2年目からはoptus にしたという経験があるという僕です。

 

samson

 

 

オプタスの最安のプリペイドケータイのHP

 

ブロードバンドでEメールの応募が主流のオーストラリアでは内定がふつーにメールできたりするんですよ、特にクリーナーとか

 

だからブロードバンドを150ドルくらいで10G、一年間使えるようなプランで入ってしまったほうがある意味安い!絶対に。無駄なYOUTUBEサーフィンするとなくなるから要注意!

 

 

sponsored link

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA